全国TOP >> 愛媛/観光 >> 内子・大洲

内子・大洲

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

内子・大洲ってどんなトコ?

愛媛県の中央に位置する内子は、江戸から明治期にかけて和紙とロウソクの生産で繁栄した町。現在も漆喰塗りの商家・土蔵が70軒ほど残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。「伊予の小京都」と呼ばれる大洲は、肱川流域の景勝地に3000坪もの敷地を有する「臥龍山荘」や明治34年に建設された大洲商業銀行の跡地「おおず赤煉瓦館」など、見所が多いエリア。夏に行われる肱川の鵜飼も旅行者に人気が高い。

内子・大洲へのアクセス
【鉄道】
JR内子線 内子駅
JR予讃線 伊予大洲駅
【自動車】
松山自動車道 内子五十崎IC、大洲IC
内子・大洲のホテル
内子・大洲観光に役立つサイト